スポンサードリンク

ミネラルウォーターと軟水


ミネラルウォーターと軟水

水の中に含まれる塩の量によって硬度が決まります。

塩とはカルシウム塩とマグネシウム塩です。

ミネラルウォーターにはもともとこれらの塩が豊富に含まれているのです。

塩が一定水準より少ないミネラルウォーターを軟水と言います。

そして逆に多いものを硬水と言います。

これは汲みあげる地下水の場所によってかなり変わってくるのですが、日本の場合は軟水が多い傾向にあります。


また、ヨーロッパなどでは硬水の方が多いと言われています。

ミネラルウォーターの表示には硬度と言うものが書かれています。

これはカルシウム塩などの含有率を示しているのです。

軟水と硬水のどちらがミネラルウォーターとして健康によいかと言うことは、中に含まれる成分によって異なってきますから、一概には言えません。

自分で飲んで見て飲みやすいものがいいのではないでしょうか。

ミネラルウォーターが健康に良いと言っても、それがすぐに実感できるほどの効果があるわけではありません。


しかし、他のジュースなどを飲むよりもいいのは間違いありません。

多くの人はジュースよりも値段の高いミネラルウォーターでも好んで飲んでいるのです。

ミネラルウォーターの中にはいろいろな種類があります。

メーカーの違いによって硬度や味も違っているのです。

飲みやすいものは軟水ですが、その軟水でも微妙に違いがあるのです。

焼酎などを飲む人ならば、ミネラルウォーターの味にもこだわりがあるかもしれませんね。

焼酎の味が変わってくるのでしょう。

ミネラルウォーターには炭酸が含まれていることも多いようです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。