スポンサードリンク

ミネラルウォーターの安全性について

ミネラルウォーターの安全性

水というと、通常はあらゆる飲料の中で最も安全という印象が強くあります。
水道という非常に大きなシステムの中で殺菌がなされているので、水に何か悪質な成分が含まれている、あるいは腐ったり変質したりしているという疑いは、まず持ちません。
そしてそれは、ミネラルウォーターも例外ではありません。
他の飲料と比較し、水という理由で安全だという先入観をどうしても持ってしまいます。
では、実際の安全性はどうなのでしょう。
ミネラルウォーターは、殺菌しているものもありますが、中には無殺菌の商品もあるのです。
自然水をそのまま利用していることをウリにする商品が多く、加工せず自然のままでペットボトルに入れています。
国内産のものは殺菌が義務となっていますが、海外のミネラルウォーターの中には無殺菌の物も少なくありません。
そうなってくると、本当に大丈夫なのか?という疑問が湧いてきますね。
加工した飲料と違い、もしその水源に「病原菌がいたら」という想像をしてしまいます。
ですが、実際にはそういったことはなく、ミネラルウォーターは非常に安全な飲料と認知して問題ありません。
ミネラルウォーターは、かなり厳しい基準を通過した生産地のみが商品化を許されています。
海外でも、水質汚染が全くなされておらず、微生物や菌をはじめとした、様々な安全性に害を成す存在を分析し、その脅威がないことが証明された水源の水しか商品にはなっていないのです。
ジュースなどの加工物や、水道水などの殺菌した飲料水と比較しても、その安全性で劣ることはありません。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。