スポンサードリンク

硬水 ミネラルウォーターについて

硬水 ミネラルウォーター

硬度で味が大きく変わるミネラルウォーターにあって、最もクセが強いとされるのは硬水です。
硬水は、硬度300以上の水を指し、マグネシウムやカルシウムが多く含まれている水です。
そのため、これらの成分の特徴が色濃く出るのが、この硬水の最大の特徴です。
硬水は重みがあり、水を飲んだという感覚が非常に強い水です。
そのため、クセの強さの割に飲料水としては高い人気を誇っています。
水を飲むことで満足感を得たい人におすすめです。
ダイエットをしていてジュースなどが飲めないという人は、硬水 ミネラルウォーターを使うと良いでしょう。
ただ、硬水には問題点もあります。
それは、お湯を沸かすのには比較的不向きという点です。
また、料理にも不向きといわれています。
というのも、硬水はお茶本来の苦味や料理の味を崩してしまうからです。
それによって、素材の味や風味が邪魔されて味わえないのです。
よって、硬水 ミネラルウォーターを料理に使うのは良くないとされています。
硬水 ミネラルウォーターを飲む場合、カルシウムとマグネシウムの割合にも目を向けてみることをお勧めします。
基本的には、カルシウムとマグネシウムの割合2:1が、味わいとしては最適といわれています。
ただ、これはあくまでも一般論で、もっとクセが強いほうが良かったり、苦味がないほうが良いなどの個人差はあります。
比較的自分に合ったミネラルウォーターを、自分の舌で探すのが一番良いかもしれませんね。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。