スポンサードリンク

ミネラルウォーターのpHについて

ミネラルウォーターのpH

水質を表す数字の中には、硬度以外にも「pH」というものがあります。
このpHは、割と有名ですね。
というのも、学校の理科の授業で習うからです。
pHは「ペーハー」と読みますし、power of Hydrogenの略でしたね。
このpHの値、すなわちpH値は水素イオン濃度によって変化し、これによってその水が酸性か中性か、あるいはアルカリ性かということが決まってきます。
基本的に、pH値が0〜7であれば酸性、7付近であれば中性、7〜14であればアルカリ性です。
尚、水道水は5.8〜8.6という基準が決められています。
およそ中性といったところですね。
pH値は、人間が飲むのに適した水かどうかという点を見定める基準となっています。
基本的に、人間は強酸性、強アルカリ性の水を飲むことによって身体に負担がかかります。
つまり、pH値が極端に高かったり低かったりした場合は、飲み水には適していないということになるのです。
比較的高い、低いという程度なら問題はなく、近年ではアルカリイオン水などアルカリ性の水が流行っていますが、これも弱アルカリ性の範疇です。
ミネラルウォーターのpHは、明確な基準こそないものの、ほとんどの商品が5.0〜9.0の範囲です。
比較的中性に近い商品が多いので、飲料として問題になるようなpH値のものはありません。
尚、人間が美味しいと感じる水のpH値は、大体6〜7.5の範囲といわれています。
中性のpH値7.0を含んでいますね。
味覚を重視してミネラルウォーターを購入する場合は、この範囲のpH値であることを確認して購入すると良いでしょう。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。