スポンサードリンク

ミネラルウォーター普及の背景について

ミネラルウォーター普及の背景

元々、水は雨水を加工して飲めるようにしたものを水道から出せることもあり、市販しているものを購入してまで手に入れる必要を感じていせんでした。
ただ、日本と違い、外国の中には硬度の高さが問題で水道水が飲み水として利用できない地域もあり、そういった地域で他の飲み水が必要とされたのが、ミネラルウォーターが開発された背景です。
特に、欧米では生活用水と飲み水は別という考えが一般的で、水道水は生活用水に特化しているというのがノーマルな考え方です。
このあたりは日本と比較すると全く事情が違います。
そのため、欧米諸国でミネラルウォーターが普及したのは必然といえるでしょう。
そんな欧米と比較し、水道水の水質が飲み水に適している日本において、当初はミネラルウォーターの必要性はかなり低かったといえます。
蛇口をひねれば極めて安価で使用できる水をわざわざ買うという発想は、ほとんど存在しなかったと言って良いでしょう。
しかし、1990年代後半あたりから、東京を中心とした日本の都市部でも水道水を飲むのが困難な状態になってきました。
比較的水道設備が整っており、清潔だった日本でも、時間の経過と共に水道の劣化が起こり、悪臭、あるいはサビによる味の変化、それらを抑えるための消毒の強化によってカルキ味が濃くなったこと、さらにはトリハロメタンの出現などによって、水道水を飲むことのリスクが指摘されるようになりました。
それによって、ミネラルウォーターが徐々に日本でも購入されるようになってきたのです。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。