スポンサードリンク

水を買う時代になるについて

水を買う時代になる

人間が生活をしていく中で、水というものは他の何にも代えられない絶対的に必要なものです。
人間の身体は60〜70%が水分でできており、その水分は常に補給しておかないと生命の維持ができません。
人間にとって、水というのは命をつなぐ重要なものなのです。
その水を補給する方法として、人間はその長い歴史の中で様々な方法を考案してきました。
そして、その中で最大の発明となったのが水道水です。
水道水の普及により水を飲むことが非常に容易になり、また安全となったことで人間の生活は一気に楽になりました。
水の確保は、生活水準の大幅な向上につながったのです。
そんな水道水が普及して以降、水道の蛇口をひねれば水が出る、その水道水を飲んで水分を確保するという生活が定着しましたが、近年ではそのパターンが崩れつつあるようです。
水道水を飲むという習慣がなくなりつつあるのです。
それは、水道が比較的きれいな日本であっても例外ではありません。
特に都会では、水道水は飲む水ではなくなったというトレンドがなされています。
その水道水の代わりに「飲む水」として普及したのが、ミネラルウォーターであったわけです。
ミネラルウォーターは清潔な水として一気に普及し、今では飲料商品の主力商品となっています。
比較対象も、水道水より缶茶やジュースになっているくらいです。
ミネラルウォーターの出現によって、「飲み水は水道水ではなく買うものだ」というトレンドに変化しました。
この価値観は、恐らく今後も変わらないでしょう。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。