スポンサードリンク

ミネラルウォーターの種類


ミネラルウォーターの種類

日本には農林水産省が決めているミネラルウォーターのラベル表示ガイドラインがあります。

現在日本で販売されているミネラルウォーターはすべてこのガイドラインに基づいて表示されています。

まずナチュラルウォーターです。

これは水源から採取した地下水を利用しますが、濾過、沈殿および殺菌処理以外の処理をしてはいけないことになっています。

つまり、自然のままの水と言うことです。

そして、それがミネラルを含んでいるのであれば、ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれるのです。

それからミネラルウォーターです。

これはナチュラルではないミネラルウォーターです。

複数の水を混ぜることや、ミネラル成分を少し調整したものになります。

ナチュラルミネラルウォーターのままではおいしさや飲みやすさの点で販売しにくいと考えられる時に調整しているようです。

それからボトルドウォーターです。

これはミネラルウォーターであっても、本来の成分を大きく変えるような処理を行ったものとなります。

また、地下水を使用せず、蒸留水などから人工的にミネラルウォーターを作り出したケースになります。

この分類は日本だけのものです。

ヨーロッパなどでは少し違っています。

日本とヨーロッパでは水に対する考え方や、水資源の状況が異なりますから、ミネラルウォーターの考え方も違っているのでしょう。

どのようなミネラルウォーターでも健康に悪いということはないと考えていいでしょう。

ですから、自分の好みに合わせて選択することが大事ですね。

ボトルのラベルに注意してみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。