スポンサードリンク

ハワイアンウォーターはろ過した水って?


ハワイアンウォーターはろ過した水って?

ハワイアンウォーターは天然水なんですが純水に限りなく近い水なんです。

一般的に純水は「逆浸透膜」という技術でフィルタリング(ろ過)しています。

原理は、通常、塩分などが濃い水と薄い水を静かに合流させた場合、しばらくは混じり合いません。

しかし、時間がたつと塩分などの濃度が平均になっていきます。

純粋な水分が薄い水から濃い水へと移動するのですね。

逆浸透膜はこの濃い水と薄い水の間に設置して、イオンレベルのろ過を行う膜のことです。

この逆浸透膜は目が細かいので通常の水圧では水が通過しません。

だから人工的に純水をろ過するためには機械的に圧力をかけて浸透させています。

この場合は濃い水に圧力をかけて純粋な水分を絞り出しているイメージですね。

ハワイアンウォーターは大自然の中で溶岩のフィルターを25年の年月をかけて行った水を使っています。

さらに、逆浸透膜技術で雑みを取り除いた水と言えます。

ハワイアンウォーターの特徴については次回ですね。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。